HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2017年10月アーカイブ

スタッフブログ 2017年10月アーカイブ

女梅


この間の「梅のやらかし」が内外から大好評で、なぜか梅自身も「最高傑作ですね!!shine と喜んでおりました笑



かなりのお客さんに、「高木さん何やってるんですか~笑」とツッコまれており、このブログの反響の大きさを実感しております。
そしてだいたいの人が例の現場前を通り、コーヒーの場所を確認していきます笑











また、お客さんが高木さんの名前を思い出そうとしている時、

「ほら~なんでしったっけ~?赤いTシャツ着た~ほらあの...似の!!」と


梅が思い出しのきっかけになるくらい定着しつつあります笑




















さて、

この間の日曜日に以前お招きした外部講師による研修を行いました。


気付いたころには時計が0時をまわっており、ハーバードよりも白熱した研修となりました。





あまりにも白熱し、木村トレーナーの顔がいつもより熱く真剣な感じになっていたためか、


「木村さん、顔が女梅になっていますよ


と講師がいきなり言いました。





ふと彼女に目をやると、熱い眼力で口をへの字に曲げた、

まさに女梅がそこにいたのでした。
※これ以上ネタにすると本当に怒られるため割愛させていただきます。


今回もかなりの勉強になり、
私も男梅も女梅も、レベルが非常に上がったと思います。













そして講師自ら、皆さんご存知のあの「皮ひっぱり」を三人に施してくださいました。













撃沈...泣泣泣













三人とも「癒(ゆ)ー・チャックマン」だったため、悶え苦しみ、涙しましたcrying

しかし、痛みの向こう側を超えると体が調整され、確実に楽になります。




「お三方、非常に疲れていますね。体を壊したら元も子もないので無理をせず、お互いに身体を調整するなりしてしっかりと休めて下さい」と
労いのお言葉を頂きました。









次にお願いする頃には失礼の無いよう、ゴムゴムの実を探して食べておきます

いや、しっかりと身体を調整しておきます。















おまけ






















師匠ファンが着実に増えていますhappy01




「かっこいい」
「ああいう身体になりたい」
「料理レシピを教えてほしい」
「卵は私が剥きます!」
「入籍おめでとう!」



いろんな声がありますが、












師匠のブログをこの間初めて読んだお客様の声で、























「意外とおちゃめさんなんですね!!」












というのが私のツボにハマりました笑


一見ストイックタフネスクールガイガールに見えますからね・・・・・・


ブログっておもしろいですね。

























元祖おちゃめさんの自慢のバス















次回は、神社・高木式トレ・高木とレストランへ・お客様メッセージ・マジメなトレーニングの話

のどれかを載せます!!笑
乞うご期待sun

























たまご。

こんにちは、岡田です。
最近の日課は「卵を茹でること」です。

IMG_4092.JPG
毎日毎日毎日毎日、卵を茹でています。
買っても買っても茹でても茹でても、すぐになくなってしまう。

いい加減この作業も面倒くさくなってきました(笑)

誰か殻むいてくれないかな。。。



そんな私が最近食べたもの。

1) おでん始めました。

IMG_4305.JPG我が家のたんぱく質モリモリおでん。
大量の卵と、鍋底に潜む計1kgの鶏肉たち。。。


2) オムライス

IMG_3758.JPG
地元に帰省した際にお気に入りのお店で。
オムライス専門店のクオリティはやはり間違いない!


3) コストコのチキン

IMG_3757.JPGずっと気になっていたロティサリーチキン。
ついに購入してしまいました(笑)

そんな感じで相変わらずの高タンパク生活です。

追加注文したプロテインたちが大量に届いたので、
今週末は再びプロテインスイーツの研究に励みたいと思います!!

梅のやらかし


この間高木トレーナーと短い休憩の間に、サクッと食べられる松屋に行ったのですが、




店内にコンビニにあるような自動コーヒーサーバーがあり、




「淳之介さん! 松屋でもコーヒー飲みながらミーティング(MM)ができますね!!」と目を輝かせておりました。




早速飲もうと、高木トレーナーがお金を投入していざコーヒーが出てくるのを待っていた所、





ふとあることに気が付きました。










コーヒーカップが受け口に設置されていないsweat01

そのままだとコーヒーが下にジャーッと流れてしまいます。




あわてて私が「いかん健ちゃん、コーヒーカップ置いて!」と言ったら、





「あ、いけね!今すぐ置きます」と高木トレーナー。






しかしコーヒーが出てしまうカウントダウン(ランプ)が始まってしまいました…









私「健ちゃん、落ち着いて受け口の扉を開けてカップを置くんだ!」





高「ガッテン承知! よーし…あれ?あれれ?!」





私「どうした健ちゃん??早くしないとコーヒーが!」






高「......淳之介さん」



受け口の扉にロックがかかってて扉が開きましぇ~ん!泣泣泣



私「え...」













ジャーーーーーーーーーー・・・・・・・・・………










二人「......」




我々の目の前を無慈悲に流れる黒い液体。

扉越しにただただそれを見つめるほかありませんでした。





ふと我に戻り、隣の男梅に目をやると、

こちらも無念の表情で目から透明な液体を流しておりました。





男梅の落ち込みようが半端なかったので不憫に思い、すぐさま店員さんを呼んだら一杯サービスにしてもらいました。ありがとうございます!








梅「淳之介さん・・・俺やらかしちゃいましたね・・・」





どうやって慰めようか考えていたら、




















梅「 このネタブログに載っけましょう!!! 







またもやドテ~っとこけてしまいました笑










おまけ





梅がお礼したいとのことで、男のリンパ流しをしてもらいました。




梅「淳之介さん最近顔も態度もデカくなってきてるから、小顔リンパ入れときますね!」



私「(゜○゜)」